トップページに戻る

挿絵画家になるには、どうすれば良いですか?

基本的には、雑誌のイラスト募集コーナーに投稿することだと思います。
画家・漫画家・アニメのキャラデザイナー等になっても、挿絵の仕事ができますが、これらの職業に就くにしても、やはり投稿・持ち込み等は必要です。

また、これは極々一部の例ですが、同人誌の人気作家になることで、編集者にスカウトされることもあります。
好きな小説家にファンレターと共に絵を送って、デビューできた例もあります。

ただ、自身のサイトやSNSに絵を掲示だけして、スカウトされる例は少ないようです。
そう見える人でも、持ち込み等並行して活動している場合がほとんどです。
何故かというと、ネットに絵を上げている人が多過ぎる事、多過ぎるが故に検索しにくい事、モニターを通してだけでは技量がわかりにくい事が原因の様です。


挿絵を描く上で、重要な事

一番重要なことは、カラー原稿が描けることです。
挿絵画家は、本の表紙絵を任されるお仕事ですから、彩色画が魅力的でないとお話になりません。
漫画家を目指す人も、カラー原稿が得意だと、扉や表紙絵やグラビアページの仕事を依頼される事が多くなるでしょう。
カラー原稿はモノクロ原稿とは原稿料が格段に違うので、しっかり練習しておいた方が得です。