トップページに戻る

服のしわや流れが上手く掴めません。

誰かの絵を見てシワの描き方をマネしても、構図やシチュエーションが違えば使えない事が多いと思います。
最初はマネで描いていいのですが、自分の絵柄に合っているかが大事だし、自分の描き方のパターンが作れないと、応用ができないと思うんです。
だからまず、シワのできる理屈を理解して、簡単な自分の基本パターンを作るといいと思います。

服には、大まかに分けて、身体にピッタリとした体型を強調するタイプと、ダボっとしたゆとりのあるタイプがありますよね。
女の子の胸の大きさを強調したいとか、痩せた男の子のピタピタの服とか、それを表現するシワの描き方もあるし、ブカブカの服を着た感じを表現するシワもあります。
基本的なパターンをものにすれば、そういった応用も描けると思います。

洋服を、シワのない形でペッタリと床に広げてみて下さい。
Tシャツなど、ちょっと腕を広げた形になっているでしょう? またパンツ類は、足を少し開いた形になっています。
服は人間の丸み(立体)が入ること、身体の動きをある程度考慮して作ってあって、太っている人痩せている人、色々な体型をした人の『ゆとり』がとってあるんです。
その体型でできるものも含めて、シワは大きく3つのパターンで出来ていると思います。

実際に、自分で服を着て身体を動かして、シワのパターンを観察してみましょう。


布地によってシワのでき方は違う

生地の厚みが違う二種類の服を着て、ポーズをとったり身体を動かしたりして観察してみて下さい。


トレーナーのような分厚い布地と薄手のTシャツだと、できるシワの数が違います。
画像では判り難いかもしれませんが、薄手の布地でも張りのあるモノや、厚手のモノ固い布地は、細かなシワが殆どできません。
反対に、コシの無い柔らかな布地やクシャクシャになる布地は、身体に沿うし、細かなシワができます。



因みに、ブラウスだとこんな感じ。 

これを頭に入れたうえで、トレーナーを例にして、シワの3つのパターンを 説明したいと思います。


シワの方向性

先に書いたとおり、服には『形』があって、生地に『ゆとり』があり、それがシワを作ります。
普通体型の人が服を着て、服の形に合わせてポーズをとれば、殆どシワはできません。

シワには大きく分けて3つのパターンがあります。

まず、肩から二の腕には、持ち上にあげられた為に下方向に布がたるんで緩やかなカーブのシワが出来ています。コレが『弛みジワ』です。
次に肘を曲げた部分には、寄せられた布の膨らみと折れ曲がった溝が出来ています。 コレが『曲げジワ』です。
そして一の腕(手に近い方)には、肘から引き上げられた『引きジワ』が出来ています。

シワの始まりは薄く曖昧で、だいたい終わりの方は深くはっきりとします。中には身体が入っているので、身体(立体)に沿っている部分は、そこも緩やかなカーブになります。
シワは弛みの溝が影になって出来ているので、膨らんでいる部分とセットで描かないと、違和感がでると思うんですよ。 つまり、外側の輪郭の形(所々膨らむ)の補足として、シワの線を描くくらいの意識ですね。


では、実際に描いてみます。

例1
トップス(トレーナー)は『弛みジワ』を、パンツは『引きジワ』を例として描いてみました。

シワはただ沢山描けばいいというものでもなくて、表現が伝わる程度に簡略化していいと思いますし、逆にあった方がいいシワは作って描いて良いと思います。


例2
トップスは薄手の柔らかいTシャツで、身体のラインが強調されるシワの数が多い描き方。
ボトムスは厚手の固い布でできたジーンズの表現で、シワもゴワゴワと固く大まかで数が少ない描き方にしています。

素材によって弛みや膨らみの大きさが違うこと、胸や太腿は布が張っていることが判るでしょうか?
Tシャツは腹から腰、ジーンズは膝下から足首の部分に布の遊びが多く、弛んでいる風にしているのでシワが沢山できています。

シワの方向性や弛みの表現、シワや弛みができる場所と出来る意味が何となく解ったら、自分のシワの描き方で試してみて下さい。