トップページに戻る

どういった道具が必要ですか?

最初に、最低限必要な道具を紹介します。
まず、紙。
色々使ってみて、自分描きやすいと思う紙を探してください。
ただし、投稿や持込を考えているならコピー用紙はダメです。ある程度厚みのあるものを使いましょう。
厚みがわからない人は取り敢えず画材店に売っている「投稿用マンガ原稿用紙」を試してみて。どこのメーカーのものも、概ね上質紙135kgと思います(やはりメーカーによって紙質が微妙に違いますが)。

定規は30センチ以上のものを用意しましょう。
アクリル製でボディに方眼が入っているものが、なかなか使いやすいです。個人的には。

筆記用具
下描きに使う鉛筆は3Bくらいがいいと思います。芯もほどよく柔らかいので、紙に跡が残りにくいです。(よっぽど筆圧があるとその限りではありませんが)
消しゴムもシンプルなものが一番と思います。
ペンは、これも色々試して自分に合うものを見つけて下さい。
Gペン、丸ペン、スクールペン、カブラペンが主だったペンですが、ミリペンや筆ペン、コピックもよく使われています。
インクは顔料系で耐水性のもの、ということは最低限守ってください。加えて速乾性のものがベターです。
インクの裏うつりには気をつけて下さいね。


次にオプション的な道具を紹介します。
ペン入れをしていくと、スクリーントーンも貼り込んでいくことになると思います。
300〜400円程度で、画材店か、通販でも販売しています。あるいは同人誌即売会の会場でも。
最初は網トーンから使ってみると良いかな、と思います。
印刷は原寸とは限らないので、どんな感じに縮小されるのかも、コピーを取るなどして確認してみて下さい。

トーンを切る・削る道具としてはカッターですが、文房具店や100均で売っているような普通のカッターで構いません。
デザインカッターは軸が丸いので、ペンと同じような感覚で使えるところが良いといえば良いかも。
こちらは400〜円。

トーンが剥がれないように押さえるバーニシャーのような専用道具もありますが、キャップ式ボールペンの頭とかオシリ部分でも問題ナシです。

因みに写真で4本並べているうちの、上から2番目がバーニシャー。3番目がデザインカッターです。
原稿を描く際に、小指の横が擦れて汚れたりします。
手だけ汚れるのは洗えば良いんですが、原稿に汚れが移るのは困りものです。
そんな時、指無し手袋をはめたりします。

100均で売っている薄手の手袋の指先を切って使ったりすることが多いです。
写真のはサポーターですが。これも100均で購入したもの。

汚くなったら取り替えましょう。