トップページに戻る

誰かのマネは描けるのですが、オリジナルが描けません。どうしたらいいですか?

それは、表面的な絵の形しか見えていないからかもしれません。
トレースで「描く」ことに慣れたら、それまで真似ていた誰かさんの絵はスッパリ忘れて、まず人物画に絞って構造から作ってみましょう。

まず、自分がどんなジャンルの絵が描きたいのかを決めます。
ジャンルによってキャラクターの大体の頭身が決まってくるからです。

ギャグに向くデフォルメした可愛い絵やコミカルな絵は、2頭身〜4頭身くらい。
リアルで写実的な絵は、5頭身〜6頭身くらい。
少女漫画や青年誌系のカッコイイ絵は7頭身〜8頭身。
少年漫画の格闘モノ等は、9頭身〜10頭身のモノもあります。


では、例として少女漫画向きの頭身(7頭身)で描いてみます。

紙に対して描こうと思う絵の大きさを決めて、鉛筆で薄く楕円を描き、ポーズにもよりますが、立ち姿なら縦を決めた頭身分に分割します。

丸の大きさが上手く揃えられない時は、
方眼用紙を使ってみるのも一つの手です。


後は前で練習した過程を逆に辿ってゆくと、絵を描く基本ができます。

骨組み

肉付け

実際の絵


という具合です。
頭身を変えてみたり、全体のバランスを見てパーツの大きさを変えたり、自分なりに工夫して絵を完成させていきましょう。