CLEAR

頭で理解する

いきなり服を着ている絵を描いて、ビックリするようなところに腕や足が付いてたら違和感がありますよね。
鉛筆でうっすらとでいいですから、裸を描いてみたらどうでしょう。

服の中でも身体がちゃんとつながっているかどうかですよね。
例えば、片方だけ腕が太かったり、長かったりしませんか?
自分の絵に定規をあててみると、右と左で長さが結構違っていたり、片方がひどく下がっていたり… そういうのを直すだけでも、かなり良くなると思います。
絵や写真を見るだけじゃなく、自分の身体をよく触ったり動かしたりして、身体の部分の特徴を掴むとイイんじゃないでしょうか? 肘やヒザは反対側には曲がらないし、向う脛(ヒザ下の前面)には全く肉が付いていない、とか。
漫画は絵画ではないので、皆がそれと分る特徴を捉えて描けばイイと思うんですよ。身体の構造を大まかに理解したことで、かなり描ける様に私はなりました。

あと、顔が上手く描けない人は、お化粧の仕方を絵にしたカタログや本がお薦めです!
化粧品のカタログはスーパーの化粧品売り場に大抵タダで置いてあるし、女性雑誌にも化粧の記事は必ず載ってますヨ。
顔の形別に、輪郭のカゲの入れ方、目や唇の大きさと形の描き方、眉山の位置や良い形。美人や可愛い顔、カッコイイ顔にどうすればなるか。輪郭のどこが凹んでいて、どこが出っ張っているか。なんかが書いてあって、とっても便利です!


(文責・なつ)