CLEAR

「やわらかい鉛筆奨励」のワケ

ホントはシャーペンでも鉛筆でも、何でもいいんですけどね、実は。
表向き「良くないよ」とは言ってますが。

ガシガシ描いてゴシゴシ消しゴム使うと、紙がどんどん「いたむ」。硬い芯の鉛筆で描くと、一見してわからないかもしれませんが消した線の筋は凹みになって残っているんです。また、消しゴムを使うことによって、紙の表面が毛羽立つし。
下描きが出来て、いざペン入れという時、ペンがひっかかったり、線が滲んだりすることってないですか? そういう場合、紙が痛んでるせいってこともあるかも。
芯の柔らかい鉛筆を使うとその点が多少マシなんですね。

それと、うまく描けないうちは、薄くて細い線で描くと細かい手ぶれやちょっとしたニュアンスの部分が目立つので、そこばっかり気になって全体感が大づかみできにくい、という点があります。
細かい部分がうまく描けると、大きく歪んでる所を直す勇気がなくなる、ということはありませんか?
最初は全体的に良い形を描くようにして、大体うまく描けるようになったら細かい部分に凝った工夫をしてみたら良いんじゃないかなぁと思ったので、濃くてやわらかい鉛筆を奨励してみました。
でも実際は、自分の描きやすい筆記用具でいいと、私は思います。

因みに、F・H・HB・Bとは芯の硬さを表していて、Hはハード、Bはブラックの意味です。


(文責・なつ)